侵入する家を物色する泥棒
窓から侵入する泥棒

防犯ガラスで窓の防犯対策

泥棒が浸入する場所は玄関ドアからの侵入が多いと思われがちですが、実際は窓からの侵入が多いです。

最近の錠前の防犯レベルが高く開けるまでに時間がかかります。

その為、玄関ドアの前で長時間不審な行動をしていると怪しまれます。

窓なら、クレセント場付近のガラスを割って鍵を開けて簡単に侵入する事ができます。

そこで、窓ガラスを割れにくい防犯ガラスに取り替える事で泥棒の侵入を防ぐのと同時に狙われにくい家にしましょう。

防犯ガラスとは

防犯ガラスは合わせガラスで、2枚のガラスの間に特殊な中間膜を挟んでいます。

ガラスが中間膜に接着しているので割れにくくなっており、割れた時にはガラスが脱落しにくくなっています。

ガラスが割れたとしても、貫通性の高い中間膜に穴があきにくいので防犯に優れています。

また、防犯ガラスに貼られた防犯ガラスステッカーにより、窓からの侵入を諦めるだけでなく、ここの住人は防犯意識が高い事が伝わり泥棒から狙われにくくなります。

防犯ガラスに取り替えるには?

防犯ガラスに取り替えるには、ガラス屋に依頼する事で窓ガラスの交換をしてくれます。

防犯ガラスには、日本板硝子の「セキュオ」、セントラル硝子の「ラミレックス」、旭硝子の「セキュレ」等の製品があります。

窓ガラスを防犯ガラスに取り替える際、ガラス屋に最適なガラスを選んでもらいましょう。

防犯ガラスはオーダーメイドの為、ガラス屋へ依頼してから防犯ガラスの窓に変わるまで時間がかかるので、いつまでに交換したいという期日がある方は、早めに依頼する事をおすすめします。