侵入する家を物色する泥棒
防犯カメラに気づく泥棒

防犯カメラについて

防犯カメラを設置する事で、泥棒の侵入を未然に防ぐだけでなく、侵入されてしまった後も犯人を捜す手がかりを記録できる防犯グッズです。

防犯カメラの種類は多く、屋内用や屋外用があります。

また、価格は高額な物から安価な物まであります。

防犯カメラの選び方

防犯カメラ選ぶにあたり、まず初めに、設置する防犯カメラを有線で充電するタイプにするか、バッテリー式、太陽光で発電するソーラー式にするかを決めましょう。

画質が悪い防犯カメラですと、不審者の撮影に成功したとしても顔や服装などを確認出来ない事があります。

防犯カメラを設置するからには、最低でも犯人を捜す手がかりを確認出来る画質の物を選びましょう。

また、より鮮明な映像を撮影したい方は、画質にこだわりましょう。

次に、夜間の犯行を想定して、夜間撮影機能を搭載した防犯カメラを選ぶと安心できます。

赤外線撮影機能を搭載した防犯カメラの場合、光が少ない場所でもしっかりと犯人の顔や服装を高画質で撮影する事が出来ます。

その他、防犯カメラにあると良い機能が広角レンズや音声録音機能です。

これらの機能があると、広範囲の撮影が可能になるのでカメラの死角が減ります。

また、防犯カメラの導入台数が減るので費用も減らす事が出来ます。

おすすめの防犯カメラ|屋外設置

Panasonic(パナソニック) WVS3530J

パナソニックのドーム型の防犯カメラです。

広角撮影や音声記録、個人の特定ができる程の鮮明な動画記録が可能です。

また、パナソニック独自のインテリジェントオート機能を搭載しており、人の動きを検知し、顔の位置も自動で識別します。

さらに、暗号通信機能や改ざん検知機能が搭載しています。

SELEN(セレン)SAHG272

セレンのボックス型の防犯カメラです。

優れた防塵・防滴性能があり、雨風への耐性が高い防犯カメラです。

鮮明な動画を記録できる程の画素数があり、また赤外線投光器も内蔵されています。

MASPRO(マスプロ)WHC7M2

マスプロのボックス型の防犯カメラで、7インチのモニターが付属しています。

人感センサーや夜間撮影、防塵・防水性能など数多くの機能が搭載されています。

付属のモニターは、タッチパネル式のモニターですので機械の操作が苦手な方でも簡単に防犯カメラの映像を確認できます。

また、microSDへの録画やスマートフォンとの連動も可能です。

おすすめの防犯カメラ|屋内設置

SELEN(セレン)SHT-N381

セレンのドーム型の防犯カメラです。

蛍光灯等の照明の近くに設置しても、画面のちらつきを低減する機能を搭載しているので見やすい映像で録画ができます。

また、赤外線投光器を内蔵しているので暗い中でも録画が可能です。

MotherTool(マザーツール)MTDE716AHD

マザーツールのドーム型の防犯カメラです。

スモークカバーでカメラを覆っている為、レンズの方向が見えにくくなっています。

電子感度アップ機能搭載で、うす暗い室内でも人物の判別をしやすい鮮明な録画が可能です。